北海道北見市公園町の循環器科・呼吸器科・内科 千葉循環呼吸クリニック

        北見市公園町                循環器科・呼吸器科・内科             千葉循環呼吸クリニック

〒090-0015 北海道北見市公園町139番地4
TEL 0157-23-3111
▲Mobile Site 
トップページ»  受付・外来・検査・栄養・透析・病棟から

受付・外来・検査・栄養・透析・病棟から

ノロウイルスに関するQ&A

Q1 ノロウイルスによる胃腸炎はどのようなものですか?
 
ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒は、一年を通して発生していますが、特に冬季に流行します。
ノロウイルスは手指や食品などを介して、経口で感染し、ヒトの腸管で増殖し、おう吐、下痢、腹痛などを起こします。健康な方は軽症で回復しますが、子どもやお年寄りなどでは重症化したり、吐ぶつを誤って気道につまらせて死亡することがあります。
ノロウイルスについてはワクチンがなく、また、治療は輸液などの対症療法に限られます。
従って、皆様の周りの方々と一緒に、次の予防策を徹底しましょう。

○患者のふん便や吐ぶつには大量のウイルスが排出されるので、
1. 食事の前やトイレの後などには、必ず手を洗いましょう。
2. 下痢やおう吐等の症状がある方は、食品を直接取り扱う作業をしないようにしましょう。
3. 胃腸炎患者に接する方は、患者のふん便や吐ぶつを適切に処理し、感染を広げないようにしましょう。

○特に、子どもやお年寄りなど抵抗力の弱い方は、加熱が必要な食品は中心部までしっかり加熱して食べましょう。また、調理器具等は使用後に洗浄、殺菌しましょう。

Q3 ノロウイルスはどうやって感染するのですか?
 
このウイルスの感染経路はほとんどが経口感染で、次のような感染様式があると考えられています。
(1) 汚染されていた貝類を、生あるいは十分に加熱調理しないで食べた場合
(2) 食品取扱者(食品の製造等に従事する者、飲食店における調理従事者、家庭で調理を行う者などが含まれます。)が感染しており、その者を介して汚染した食品を食べた場合
(3) 患者のノロウイルスが大量に含まれるふん便や吐ぶつから人の手などを介して二次感染した場合
(4) 家庭や共同生活施設などヒト同士の接触する機会が多いところでヒトからヒトへ飛沫感染等直接感染する場合
(5) ノロウイルスに汚染された井戸水や簡易水道を消毒不十分で摂取した場合
などがあります。

特に、食中毒では(2)のように食品取扱者を介してウイルスに汚染された食品を原因とする事例が、近年増加傾向にあります。
また、ノロウイルスは(1)、(2)、(5)のように食品や水を介したウイルス性食中毒の原因になるばかりでなく、(3)、(4)のようにウイルス性急性胃腸炎(感染症)の原因にもなります。この多彩な感染経路がノロウイルスの制御を困難なものにしています。


Q8 ノロウイルスに感染するとどんな症状になるのですか?
 
潜伏期間(感染から発症までの時間)は24~48時間で、主症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛であり、発熱は軽度です。通常、これら症状が1~2日続いた後、治癒し、後遺症もありません。また、感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状の場合もあります。


Q16 手洗いはどのようにすればいいのですか?
 
手洗いは、調理を行う前(特に飲食業を行っている場合は食事を提供する前も)、食事の前、トイレに行った後、下痢等の患者の汚物処理やオムツ交換等を行った後(手袋をして直接触れていないようにしても)には必ず行いましょう。常に爪を短く切って、指輪等をはずし、石けんを十分に泡立て、ブラシなどを使用して手指を洗浄します。すすぎは温水による流水で十分に行い、清潔なタオル又はペーパータオルで拭きます。石けん自体にはノロウイルスを直接失活化する効果はありませんが、手の脂肪等の汚れを落とすことにより、ウイルスを手指から剥がれやすくする効果があります。
 

ノロウイルス感染症の二次感染を防止するために

ノロウイルス感染症は、ノロウイルスによって下痢やおう吐などの症状を起こす感染症です。
ノロウイルスは感染力が非常に強いため、家庭や施設などで患者が発生すると、二次感染を起こし、集団感染(発生)を引き起こすことがあります。
ここでは、主に感染発生時の対応について、手洗いや、おう吐物の処理、ウイルスに汚染された場所の消毒等について、具体的方法をお示しします。
ノロウイルス感染症の正しい知識を身につけ、感染の拡大を防止しましょう。

********************************************************************
1.ノロウイルス感染症の基礎知識
2.ノロウイルス感染症の二次感染防止のための基本的事項
3.処理を始める前に
4.吐物処理の方法
5.手洗いの方法
6.その他
********************************************************************


(はじめに)
 
1.ノロウイルス感染症の基礎知識
 
○原因
ノロウイルスというウイルスです。
このウイルスは、特に冬季に多く発生し、飲食物を介して食中毒の原因となることもあります。

○症状
吐き気やおう吐、下痢や腹痛、発熱があらわれて、ほとんどの場合、1~2日で症状は治まります。
なお、子どもはおう吐が多く、大人は下痢が多いといわれています。

○潜伏期間
普通感染してから1~2日で症状があらわれます。しかしもっと短時間で症状のあらわれる人もいます。

○感染経路
感染者の便やおう吐物が触れた手や食べ物を介してヒトからヒトへ感染します。

○感染期間
便の中にウイルスが排泄されている限り、他の人に感染させる可能性はあります。
一度発症すると、症状が治まっても2~3週間は便の中にウイルスが見つかることがありますので、油断は禁物です。また、自覚症状の無いまま、ウイルスを保有し、排泄している場合もあります。

○感染したと思ったら
おう吐や下痢等の症状がある方は、早めに医療機関を受診してください。
また、特に、小さなお子様やお年寄りは、下痢やおう吐で脱水症状を起こすことがありますので、水分の補給に気をつけてください。
 
2.ノロウイルス感染症の二次感染防止のための基本的事項

○手洗いの励行
外から帰った時、トイレの後、調理の前、食事の前には、必ず石けんで手を洗いましょう。

○吐物等の処理
吐物は、素手で触らないように気をつけながら、使い捨てできる布やティッシュペーパーできれいにふき取りましょう。ふき取ったものは、ビニール袋などに入れ、外に濡れないようにして捨てましょう。また、吐いたところは、塩素系の漂白剤を約100倍に薄めて、ペーパータオルなどにしみ込ませてふき、30分くらいたったら、最後によく水拭きをしておきましょう。便で汚れた場合も同じ様に処理してください。

○衣類・寝具の処理
吐物や便で汚れた衣類やシーツなどの寝具は、塩素系の漂白剤につけて消毒してから洗濯しましょう。

○入浴
下痢をしている時の入浴は、シャワーだけにするか、入浴する順番を最後にしましょう。お尻は石けんをつけて、ていねいに洗いましょう。

○その他
吐いたり、下痢の症状のある時は、他の人とタオルなどは共用しないようにしましょう。
 

ノロウイルス感染症対策を行っていくにあたって
ノロウイルスは、誰でも感染したり、他の人に拡げてしまう恐れのあるウイルスですが、直径38nm(ナノメートル:1nmは1mmの100万分の1)と、とても小さく、目に見えません!!
「ウイルスに汚染されていそうな物・場所」や「ウイルスを排泄しているかもしれない」ことを想定しながら感染防止対策を行いましょう。
 
3.処理を始める前に 
 

(消毒薬の調整)


(1)ノロウイルスの消毒は、消毒用アルコールは効きにくいため、塩素系漂白剤(塩素剤)で行います。
塩素濃度が0.05-0.1%になるようにして使用します。

(2)市販の塩素剤の多くは、塩素濃度が約5%ですので、50-100倍に希釈して使用します。
希釈の目安としては、500mLのペットボトル1本に、ペットボトルのキャップ1-2杯の塩素剤を入れると簡単です。
調整する際は、直接塩素剤が手に付かないように手袋をしてください。

(3)塩素のにおいが少な目の塩素系消毒薬もありますが、含まれる塩素濃度が異なりますので、希釈方法に気を付けてください。(約1%の濃度なら、10-20倍に希釈して使用します)


4.吐物処理の方法
 
用意する物
 
□ 使い捨てタオル、ティッシュ、新聞紙等
□ ビニール袋等の、液漏れしない密封できる袋
□ 使い捨て手袋(ない場合はゴム手袋)
□ 塩素系漂白剤
□ マスク(ある場合)
□ 手洗い用の石けん

(1)作業を始める前に、腕まくりし、腕時計、指輪等は外しておきます。
マスクがある場合は、マスクを着用してください。

(2)ナイロン袋(ビニール袋)の口を開けておきます。
ゴミ入れなどにビニール袋を入れて口を広げておくと使いやすいです。

(3)吐物や消毒液が直接触れぬよう、手袋を使用してください。手袋がない場合は、できるだけ手に付かないようにしてください。
手袋はできるだけ使い捨てのものを使用します。

(4)吐物を、新聞紙や捨ててもいい布などで、できる限り拭き取ります。
タオルやぞうきんなど、再利用するものはできるだけ使わないようにします。

(吐物の画像は、本物ではありません。)

(5)塩素剤を50-100倍に薄めた液(消毒液)をティッシュ等に染みこませ、拭き取ります。
(6)吐物のあった周辺は、できるだけ広い範囲を消毒剤で拭き取ります。
塩素は金属腐食性がありますので、拭き取った場所が金属の場合は、30分程度時間を置いてから、水拭きします。

(7)ビニール袋等、液漏れしない密閉できるものに、吐物や、拭き取った新聞紙等を入れます。
(8)袋の口をしっかり縛ります。
(9)ナイロン袋等に、口を閉じた袋を入れます。
(10)手袋を裏返しながら脱ぎます。
使い捨て手袋が無く、ゴム手袋を使用した場合は、脱いだものをそのまま塩素で消毒します。
(11)内側を触らないようにして口を縛り、捨てます。
手袋をして処理をしても、必ず処理の最後には石けんでよく手を洗ってください。   
 
5.手洗いの方法
  
 

(1)水洗いだけでなく、必ず石けんをつけて、指の間、爪の先を丁寧に洗います。

(2)手首も洗います。
手袋から出ていた部分にウイルスが付いているかもしれませんので、必ず洗ってください。

吐物等の処理後は特に念入りに洗ってください。

(3)手を洗うときには、一緒にカランも洗います。
カランを洗わないと、いくらきれいに手を洗っても、水を止めるときにカランに付いたウイルスが再度手に付いてしまいます。

(4)流水で丁寧に石けんを流します。
カランも同様に石けんを洗い流します。

(5)使い捨てタオルで手を拭きます。
布タオルなど、再度使用したり、他の方と共用するものは避けましょう。

(6)カランが洗い流せないような構造になっている蛇口の場合は、水を止める前(カランを触る前)に手を拭き、拭いた使い捨てタオルで蛇口を閉め、水を止めましょう。
 
6.その他 

(1)吐物や便の付いてしまった衣服やタオルは、希釈した塩素剤に約30分つけおきし、その後普通に洗濯します。
塩素が揮発したり、臭わないようにするため、フタのある容器で行うと良いです。
金属製の容器は使用しないようにしましょう。

(2)まな板などの調理器具はこまめに消毒しましょう。
ウイルスが調理器具に付いていると、食品を汚染してしまい、食中毒の原因になります。
つけおきする容器より消毒しようとする物が大きい場合は、30分間浸した後にひっくり返すか、調整した消毒液を染みこませたタオルで覆うなどして、全体を消毒するようにしましょう。

(3)食品を混ぜたり、盛りつけたりする場合は、素手で触らないようにしましょう。
できるだけ、はしや器具を使用し、直接食品に触る場合は手袋をするようにしましょう。
調理している人の手に付いているウイルスが、食品を介して他の方に感染する恐れがあります。

(4)手拭きやバスタオルは共用しないようにしましょう。
特に、吐物等の処理をした後で手を拭くときは、使い捨てのタオルを使用しましょう。
 

インフルエンザを知るために

インフルエンザにはこうやって感染します。
飛沫感染 ・・・感染した人の咳、くしゃみ、つば などと伴に放出されたウィルスを健康な人が吸い込むと感染することがあります。
接触感染 ・・・感染したひとがくしゃみや咳を手で押さえた後や鼻水をぬぐった後に他のもの(机、ドアノブ、つり革、スイッチなど)に触るとウィルスが付着することがあります。その付着したウィルスに健康な人が触れた後に目、鼻、口に再び触れると、粘膜・結膜などを通じて感染することがあります。


インフルエンザの症状は
・咳や鼻水がでる
・突然の高熱、全身のだるさ、頭痛、筋肉痛等がある
・インフルエンザの症状は、新しいウィルスによって変わる可能性があるため、そのつど変更される可能性があります。


インフルエンザにかからないために
・必要のない外出は控えてください(特に人が集まる場所)
・外出したらうがい、手洗いを行ってください。

 
*****咳エチケットが大切******
 
 


※周囲の人から(なるべく)1m以上はなれてください。咳やくしゃみのしぶきは(飛沫)は約2m飛びます。
※マスクがない場合はテッシュなどで口と鼻を覆い、他の人から顔をそらしてください。
口を覆ったテッシュはゴミ箱へ。
※咳やくしゃみを抑えた手はただちに洗ってください。
咳やくしゃみを手で覆ったら、手を石鹸で丁寧に洗いましょう。
※外出したらうがい、手洗いを行ってください。手洗いは石鹸を使って最低15秒以上行い、
洗った後は清潔なタオルやペーパータオル等で水を十分に拭取りましょう。
※マスクを着用してください。咳、くしゃみが出たらマスクを着用しましょう。
また、家庭や職場でマスクをせず、咳をする人がいたら、マスクの着用をお願いしましょう。